シングルモルトの精霊が宿る、真の隠れ家へ

「お酒がね、”そのオーダーは自分でしょ?”って語りかけてくれる感じがあるんですよ(笑)」
静かに語るオーナーの川田氏。オーダーした人の嗜好や雰囲気から今日の一杯を選ぶときの感覚なのだそうである。バックバーを愛でるように端から端まで追うその眼には、長年培った経験とウイスキーへの愛情が浮かぶ。
「House Of John Barley Corn(ハウスオブ、ジョン・バーリー・コーン)」と名づけられたこの店は、ここ高松で「モルトウイスキーといえばこの店」と贔屓にしている人は多く、県外からもたくさんのウイスキー好きが訪れる。メニューの中心となるウイスキーはシングルモルトだけでも実に700本以上のストック。他、アイリッシュウイスキー、バーボン等も加わる圧巻の品揃え。そのうち100本以上が毎年入れ替わるという。またウイスキーのテイスティング会も定期的に実施されており、通常ではお目にかかれないレアなボトルもさらりと登場する。
純粋にウイスキーを楽しむための空間、肩肘を張る必要はなく自然体で訪れることができる隠れ家。
スコットランドの大詩人が唱ったバラードを冠したこの店は、今日も歴史を纏った琥珀色の一杯をサーブしてくれる。

TALISKER(タリスカー) 25年
TALISKER(タリスカー) 25年
ある人が「万華鏡のようだ」と言わしめたタリスカーの最高峰とも言える1本。スモーキーなチョコレートを感じさせる上品な甘さと胡椒を感じるスパイシーさが喉をすべり落ちる。珠玉の1杯。
CAOL ILA(カリラ) 1974 (Signatory Vintage Scotch Whisky)
CAOL ILA(カリラ) 1974 (Signatory Vintage Scotch Whisky)
上品でなめらか。CAOL ILA独特のピーティさを持ちながら、優雅さも兼ね備える。時間とともに変化するフィニッシュを体で感じる
LONGMORN(ロングモーン) 1968(SMWS)
LONGMORN(ロングモーン) 1968(SMWS)
38年ものヴィンテージ。40年近くの時を経た熟成香は鳥肌が立つほどの素晴らしい香りを惜しげもなく放つ。現存するありとあらゆる味覚が1本に凝縮されたような至高の液体
シガー各種
シガー各種
大人の嗜好品とも言うべきシガーも常時ストック。立ちのぼる紫煙を香りと目で楽しむ。写真は手前左からMONTECRISTO, ROMEO Y JULIETA, COHIBA
+マークをクリックすると拡大写真と説明文章が表示されます。

Shop Information

House Of John Barley Corn(ハウスオブ ジョン・バーリー・コーン)の地図
電話 087-823-5112
住所
香川県高松市福田町8-10 ローズガーデンビル1F
営業時間 19:30~翌2:00
休日 日曜日
House Of John Barley Corn(ハウスオブ ジョン・バーリー・コーン)のQRコード

House Of John Barley CornのQRコードはこちらです!

このお店にコメントを送ろう

「ここが好き!」、「ここを直して!」等なんでもお気軽に♪書き込んでいただいた内容がお店に届けられます。あなたの声がお店の活力です。是非お気軽にコメントくださいませ。
(※お店への即時連絡を保証するものではありません)

[評価]

[コメント]

[e-mail](省略可)

 
House Of John Barley Corn(ハウスオブ ジョン・バーリー・コーン)をチェックしている人は
こんなお店もチェック
CHEZ 露堂の写真

【フレンチ・イタリアン・洋食】

CHEZ 露堂
居酒屋 喰くうの写真

【居酒屋・ダイニング】

居酒屋 喰くう
おひさんにしにしの写真

【居酒屋・ダイニング】

おひさんにしにし
pago pagoの写真

【インテリア・雑貨】

pago pago
黒船屋の写真

【バー・酒・ワイン】

黒船屋